デザイナー A.O
デザイナー A.O

Q1, これまでの経歴を教えて下さい。

昔からゲームが好きで、子供の頃から漠然とゲーム業界へ就職したいと考えていました。
出身校は武蔵野美術大学で当初はプランナー志望でしたが、ゲーム業界にはデザイナーとしてコンシューマーゲームの開発会社に入りました。
その頃は、国内のゲーム業界が特に変化の激しい時期で、結果的に多様な環境やジャンル、ハードでの開発を経験し、開発者としての基礎力を養うことができたと思います。やがてモバイルゲームに大きな可能性を感じるようになり、2013年にDeNAに入社しました。
入社後は主にアートディレクターを務めていますが、タイトルによっては企画立案やキャラクターデザイン、演出なども担当しています。

Q2, 現在はどのような仕事をしていますか?

主にゲームアプリの開発を行っています。最近はUIアニメや演出の監修など、「ゲーム全体の手触り感のコーディネーター」ともいえる仕事が増えています。
前職ではアクションゲームや格闘ゲームの開発に多く携わっており、これらのゲームはレスポンスやテンポが重要なため、当時はいかにユーザーさんが気持ち良くプレイできるかに注力していました。そのときの経験が、現在も活かされていると感じます。
ゲーム開発ではコミュニケーションが必須となりますが、DeNAでは皆が前向きで常に建設的に話が進みますので、議論が苦になることはなく、チームでゲームを作っていると実感できます。開発業務以外では、昨年より本格的に開始したデザイナーの新卒採用にも携わっており、また、インターン向けの課題作りなど、新人育成の土台作りも進めています。

Q3, DeNAのここが「強み」と思うポイントを教えてください。

まず、オープンな社風です。どんな意見やアイディアでも積極的に発言し、それに耳を傾ける文化が根付いているため、皆が自然とプロジェクトに参加していると感じます。結果的に自分の意見がゲームに反映される機会も多くなり、「ゲームそのもの」を作っている実感が強くなります。これは非常に希有な環境だと思います。
次に、分析チームが優秀なことです。彼らの分析に基づいた施策には絶大な信頼を寄せているため、余計な心配をせずに開発に集中できます。
また、入社前に抱いていた印象とは異なり、ゲームを好きな人が多いのも強みだと思います。感覚的なイメージを共有しやすく、皆がこだわりを持って開発していると感じます。なにより、開発の現場でゲームの話をできるのはとても楽しいです。

デザイン職の求人一覧へ

OTHER INTERVIEWS - 他のクリエイターのインタビュー

スタッフ紹介一覧へ戻る

RECRUIT - 募集職種一覧

「DeNAのイメージを破壊」してくれる、ゲームクリエイターを常に募集しています。

EVENT - イベント

座・芸夢HEATGame Developer's Meeting
PAGE TOP

DeNA for GAME CREATORS